農農菜菜〜我が家の家庭菜園〜

ゼロからの庭づくり!家庭菜園で300品種の野菜栽培に挑戦する日記です。たまに、食べたりもします!

秋じゃがいもの植え付け方法!品種選びと発芽日数について

こんにちは

 

9月に入り、暑い日が続いていましたが少しずつ涼しい日が増えてきましたね。

 

今回は、秋植えのじゃがいも栽培について品種選びから植え付け方法、発芽の様子までを紹介していきます。

 

これから秋じゃがいもの栽培を始めようという方は参考にしてみてください。

 

 

秋植えじゃがいもの品種選定

秋植えが可能なじゃがいもの特徴としては、休眠が浅い品種であることが挙げられます。

 

休眠が深い品種を選んでしまうと、収穫が遅れる為、厳しい寒さに当たってしまうこともあり上手に収穫が出来ません。

 

 休眠が浅く秋植えに向いている品種は、『デジマ』『アンデスレッド』『ニシユタカ』などで、植付けの適期が近づく8月下旬頃になるととホームセンターでも販売されているのを見つけることが出来ます。

 

今回は、秋植え品種としてメジャーな『デジマ』を選びました。

f:id:ttomozo:20190911072424j:image

『デジマ』のじゃがいもとしての特徴は多収性で身がホクホクとした紛質である事、葉が過繁茂になりやすく、栽培時には肥料は少なめが良いようです。 

 

今回購入した『デジマ』の種イモはしっかりと芽が出ていました!f:id:ttomozo:20190911072439j:image

芽が出ていない種イモを購入した場合は、イモ全体に日光を当てる芽だしな作業が必要となるので、注意が必要ですよ!

 

秋植えのじゃがいもの植え付け方法

今回じゃがいもを植え付けるのはこちらの畝!f:id:ttomozo:20190911072504j:image

植え付け当日の2週間前に畝を立て、牛ふん堆肥、油粕、苦土石灰を混和して準備しておきました。猛暑の中頑張りましたよ!

 

秋じゃがいもは植付け時期もとても重要で、8月下旬~9月中旬が適期です。

この時期が適期とされているのは植え付けが早すぎると、暑さで種芋が腐ってしまい、遅いと、寒さで株が枯れてしまうからなんですね。


今回は、適期の範囲内。

8月31日に植え付けを行うことにしました。

 

 

じゃがいもを植え付けるためにクワを使って10cmほどの深さの溝を掘ります。
f:id:ttomozo:20190911072415j:image

 

溝を掘ったら、種イモを等間隔に並べていきます。こちらはだいたい20cm間隔になりました。
f:id:ttomozo:20190911072432j:image

こちらは、種イモが小さかったので15cm間隔にしてみました。
f:id:ttomozo:20190911072328j:image

種イモを並べたら、

f:id:ttomozo:20190913064108j:image

溝を掘った時に掘り上げた土をイモに優しくかけてあげましょう。

土は、種イモがしっかりと隠れるようにかけてくださいね(^^)


f:id:ttomozo:20190911072455j:image

土を被せたら、秋じゃがいもの植え付けは完了です。

まだ暑い日が続いていたので、マルチシートの代わりに余っていたもみ殻を敷きました。

 

秋植えじゃがいもの発芽日数と発芽の様子

種イモの植え付けから11日目
f:id:ttomozo:20190911072459j:image

畝に変化が現れました。
f:id:ttomozo:20190911072312j:image

土が割れて盛り上がっている部分がありますね!
f:id:ttomozo:20190911072435j:image

さらに近づいて確認してみると、土の中から何かの芽が出てきているのがわかりますね。

 

これがじゃがいもの芽です!丸くてシワの多い葉っぱですね。

 

植え付けから11日目。

 

期間中の平均気温は26.1℃でした。

 

2週間経たずに発芽してきたので、もしかしたら少し気温は高かったかもしれません。。

 

日照が強い日もありましたが、土が極端に乾燥しない様に、適宜畝を湿らせておきました。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

秋じゃがいもの植え付けをする際には、じゃがいもの品種選定と植え付け時期に注意する必要があります。

 

今回の栽培をまとめると

種イモの品種・・・デジマ

栽培開始・・・・・8月31日

発芽日数・・・・・11日間

平均気温・・・・・26.1℃

でした。

 

今後も土寄せなどの作業を行いながら、収穫目指して頑張りますよ(^^)

 

無事収穫出来た時には、一株あたりの収量も紹介していきたいと思います。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村